閉じる

交通事故QA交通事故QA

Q.保険会社の「示談金の提示」が不当に安いのは分かりましたが、当座のお金が必要なので早く示談してしまいたいとも思います。どうすれば良いでしょうか。

交通事故の人身の被害については、加害者側との示談に先立って、自賠責保険からある程度のお金をもらうことが可能です。

1 仮払金 お怪我の程度に応じて、5万~40万円を受け取れます(※)。
2 本請求 治療が終了して後遺障害の有無が確定した後、お怪我の程度や後遺障害の等級に応じた保険金が受け取れます。
上限は、お怪我の入通院に対して「120万円」、後遺障害14級であれば「75万円」などと設定されており、不十分ではありますがそれなりの金額を受け取ることができます。

被害者が、自分で自賠責保険に上記の「本請求」の手続きをとることを、「被害者請求」といいます。
このような「被害者請求」によって当座の生活費を獲得した上で、じっくりと加害者側との交渉を進めていけ良いわけです。

なお、「自賠責保険のお金だけでは生活ができない」という場合には、加害者側に対して「損害賠償金の仮払い仮処分」を求めるという手段もあります。

いずれにしても、様々なやり方がありますので、安易に保険会社の「不当に安い示談書」にサインをしないようにして下さい。

※ 仮払いで先にもらった金額は、後の本請求の際に調整されます。

▲質問一覧へ戻る

無料法律相談のご予約・お問い合わせは 093-383-8278 または こちらのフォームから
福岡県北九州市の弁護士・小倉駅前法律事務所の無料法律相談のご予約はこちら 093-383-8278 福岡県北九州市の弁護士・小倉駅前法律事務所の弁護士ブログ