閉じる

1 治療費の払い方について

交通事故が加害者の一方的過失(追突など)によるもので、かつ、加害者が「任意保険」に入っている場合には、その任意保険会社の担当者が治療費支払いの手続きをしてくれるので、一応安心です。

しかしながら、加害者側が「自賠責保険」しか入っていない場合や、事故発生原因についてあなたの過失割合が大きい場合には、治療費があなたの自腹となる可能性があります。

そこで、これらの場合には、「健康保険」「労災保険」を使って治療費を圧縮することを考えた方が良いでしょう。

交通事故の治療について、「健康保険」や「労災保険」が使えることについては、議論の余地は一切無く、当然に使えるものと考えていただいて結構です。
詳しいことは、交通事故に強い被害者側弁護士にご相談下さい。

2 治療の受け方について

人身被害の損害賠償については、主治医の先生が書かれた診断書やカルテ、レントゲン等の内容が非常に重要になります。

なぜなら、後の示談交渉において、加害者側の保険会社は、「カルテに記載されていない症状」、「レントゲン等に撮影されていない症状」は「存在しなかったもの」として扱ってくるからです。

したがって、交通事故で治療を受ける場合には「すべての症状を漏れなく主治医の先生にお伝えして、カルテにきちんと記録してもらい、必要であればレントゲン等も撮影してもらう」ということを心がけてください。

また、主治医の先生の指示をよく聞き、決して通院を怠ったりしないよう注意して下さい。

3 保険会社による治療費の打ち切り

加害者側の任意保険会社が治療費を支払っている場合、被害者の治療が長期化すると「治療費の打ち切り」を主張してくる場合があります。

しかしながら、治療の終了時点は、主治医の先生が被害者とよく話し合って決めるものであり、保険会社が口出しをできるものではありません。

保険会社が一方的に治療費支払いを打ち切った場合、いったん自腹で治療を続けたうえで、自賠責保険に請求するか、加害者への請求を行います。

その手法については、交通事故に強い被害者側弁護士にご相談ください。

無料法律相談のご予約・お問い合わせは 093-383-8278 または こちらのフォームから
福岡県北九州市の弁護士・小倉駅前法律事務所の無料法律相談のご予約はこちら 093-383-8278 福岡県北九州市の弁護士・小倉駅前法律事務所の弁護士ブログ